menumenu

学校法人滋慶学園 東京医薬専門学校

ADMISSION

教育訓練給付金制度

給付額について

給付対象者の方は支払った教育訓練経費(学費)のうち、下記の金額がハローワーク(公共職業安定所)から給付されます。

返還義務なし

  • 写真3 写真3

    言語聴覚士科 2年制<2年制/昼間部>

    334万円のうち

    最大 112万円

      学費・諸費用 給付額
    1年次 174万円 40万円
    2年次 160万円 40万円
    卒業後 32万円
    合計 334万円 112万円
  • 写真3 写真3

    視能訓練士科 1年制<1年制/土日祝>

    178万円のうち

    最大 56万円

      学費・諸費用 給付額
    1年次 178万円 40万円
    卒業後 16万円
    合計 178万円 56万円
  • 写真1 写真1

    視能訓練士科<3年制/昼間部>

    469万円のうち

    最大 168万円

      学費・諸費用 給付額
    1年次 173万円 40万円
    2年次 145万円 40万円
    3年次 151万円 40万円
    卒業後 48万円
    合計 469万円 168万円
  • 写真1 写真1

    臨床工学技士科<3年制/昼間部>

    494万円のうち

    最大 168万円

      学費・諸費用 給付額
    1年次 172万円 40万円
    2年次 157万円 40万円
    3年次 165万円 40万円
    卒業後 48万円
    合計 494万円 168万円
  • 写真1 写真1

    医療事務科<1年制/昼間部>

    114万円のうち

    最大 56万円

      学費・諸費用 給付額
    1年次 114万円 40万円
    卒業後 16万円
    合計 114万円 56万円
  • 写真1 写真1

    IT医療事務総合学科<2年制/昼間部>

    248万円のうち

    最大 112万円

      学費・諸費用 給付額
    1年次 132万円 40万円
    2年次 116万円 40万円
    卒業後 32万円
    合計 248万円 112万円

※上記の学費・諸費用は概算です。

※卒業後の給付は、受講修了日から1年以内にその資格で雇用保険の被保険者として雇用された場合に給付されます。

学科名 指定期間 指定番号 1年次
給付額
2年次
給付額
3年次
給付額
資格取得
就職者
最大の
給付額
IT医療事務総合学科 2020/10/1〜2023/9/30 480282020019 40万円 40万円 - 32万円 112万円
医療事務科 2019/4/1〜2022/3/31 480281910019 40万円 - - 16万円 56万円
臨床工学技士科 2019/4/1〜2022/3/31 480281610019 40万円 40万円 40万円 48万円 168万円
言語聴覚士科2年制 2020/10/1〜2023/9/30 480281420021 40万円 40万円 - 32万円 112万円
視能訓練士科 2020/10/1〜2023/9/30 480281720019 40万円 40万円 40万円 48万円 168万円
視能訓練士科1年制 2020/4/1〜2023/3/31 480281710019 40万円 - - 16万円 56万円
  • 指定学科について
    • ※給付対象となるのは上記学科の指定期間内の入学者です。対象となった方は学科の指定期間が終了しても卒業まで給付が可能です。
    • ※ ※印の学科は2022年度入学生の対象学科としては確定していません。指定条件を満たせば2021年秋に再指定申請を予定しています。
  • 給付金の支給について
    • ※給付金は半期(半年)修了毎に、各自でハローワークに支給申請を行います。学校は支給申請に必要な「受講証明書」と「領収書」を発行します。

■教育訓練支援給付金について

専門実践教育訓練給付金の受給者のうち一定の条件を満たした方が失業状態にある場合、支援給付金(基本手当日額の80%×受講日数分)の支給を2ヶ月毎に受けることができます。なお、支援給付金は夜間学科および土・日学科は対象外です。(本校では視能訓練士科 1年制は対象外です。)

※ハローワークが指定する認定日(2ヶ月に1度)に認定を受けに行く必要があります。学校は支給申請に必要な「支援給付金受講証明書」を発行します。

専門実践教育訓練給付金とは?

働く人の主体的で中長期的なキャリア形成を支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とする雇用保険の給付制度で、一定の条件を満たす雇用保険の一般被保険者(在職者)、または一般被保険者であった方(離職者)が、厚生労働大臣の指定する専門実践教育訓練を受講し修了した場合、本人が教育訓練施設に支払った教育訓練経費の50%(上限40万円/年)をハローワークから支給する制度です。

本校では入学金・授業料・総合演習費

給付対象者

  • 雇用保険の被保険者の方
    受講開始日(4月1日)に、通算して3年以上(初めての方は2年以上)の雇用保険の被保険者期間を有している方。
  • 雇用保険の被保険者であった方
    離職日の翌日以降、受講開始日(4月1日)までが1年以内であり、通算して3年以上(初めての方は2年以上)の雇用保険の被保険者期間を有している方。

※本制度の受給が2回目以降の方は、前回の給付金受給日から3年以上経過している必要があります。

※ご自身の受給資格の有無についてはハローワークでご確認ください。

給付金受給までの流れ(例)

入学前STEP01
受給資格の確認を行います※ハローワークでの手続
STEP02
申請書類を用意して申請を行います※ハローワークでの手続
STEP03
キャリアカウンセリングを受けます※ハローワークでの手続

(原則、ここまでの手続は2月末日までに済ませてください)

STEP04
受給資格者証が交付されます※ハローワークでの手続
在学中STEP05
受給資格者である旨を申し出ます※学校での手続
STEP06
受講証明書等を受け取ります
(半年間修了ごと)※学校での手続
STEP07
給付金支給申請を行います
(半年間修了ごと)※ハローワークでの手続
卒業時STEP08
修了証明書等を受け取ります※学校での手続
STEP09
給付金支給申請を行います
(半年間修了ごと)※ハローワークでの手続
就職後STEP10
追加の給付金支給申請を行います※ハローワークでの手続

支援給付金について

45歳未満の離職者のうち一定の要件を満たす方は、上記給付金のほかに支援給付金の受給(基本手当日額の80%×受講日数)も受けることができます。なお、支援給付金は歯科衛生士科Ⅱ部・言語聴覚士科2年制・視能訓練士科1年制は対象外です。