働きながら学ぶシステム

独自の教育システム
働きながら学ぶシステム

Education

現場力・収入・キャリアが同時に得られる!

実務経験積みながら学費にあてることもできます

東京医薬の一部の学科では、現場で実務経験を積みながら収入を得ることができる「働きながら学ぶ」システムを取り入れています。現場での勤務は単位やキャリアにもなる上、収入を学費として分納するサポート制度もあるので、在学中から実務経験を積みたい方、仕事と学びを両立させたい方にもおすすめです。

働きながら学ぶシステムのポイント

さらに!!実務経験と現場力が身につくので、
就職にもプラス!

  • 1現場力

    お客様、患者様への対応の仕方や、現場のスタッフとのコミュニケーションのとり方、チームワークの構築の仕方などの力を現場で身につけます。

  • 2収入

    働いて得られる収入は、日々の生活費や学費に補填できます。

  • 3キャリア

    現場での実習は、立派なキャリア(職歴)として認められます。 就職活動の際のアピールポイントになります。

調剤薬局事務専攻

学校で学んだことを現場で実践現場ならではの仕事の流れや、
コミュニケーションの取り方が身につきます。

学校で

職場での疑問を授業で解消実際に現場に立っているからこその
視点で疑問を解消。
学習面でも視野、気付きが拡がります。

2つの「働きながら学ぶ」システム(対象学科)

ワーク&スタディシステム

  • 授業の実習として働きながら学ぶ

  • 火~金曜日は医療機関等でアルバイト、土日月は授業

実務経験も積みながら学費分納が可能!ワーク&スタディシステムで得た収入を学費として分納する事ができるサポート制度。



ワーク&スタディ収入活用プラン

デュアルシステム

  • 午前中は学校、午後は現場で実習

職場が実習先!働いた時間が単位&収入になる。デュアル実習で得た収入を学費として分納する事ができるサポート制度。


デュアルシステム収入活用プラン

安心して働ける3つのサポート

「現場できちんと働けるか不安…」「困ったことがあったら?」そんな不安を解決し、安心して働けるサポートをご用意!

  • SUPPORT 01

    実習先コーディネート

    アルバイト先、実習先は一人ひとりの希望や適性に合わせて紹介します。

  • SUPPORT 02

    実習前後講座

    実習前後にして働くために必要な知識・技術・マナー等の教育をしっかり行います。

  • SUPPORT 03

    担任の個別サポート

    職場でなにか悩み事と困ったことが起きた場合、担任が個別に面談やカウンセリングを行うので安心です。

教育システム一覧

11月1日より一般入試受付開始!