menumenu

学校法人滋慶学園 東京医薬専門学校

Speech-language-hearing Therapist

言語聴覚士科

  • 昼間
  • 3年制
  • 男・女

ほかには無いオンリーワンの学びで
誰よりも早く患者様や職場から頼られる言語聴覚士になれる

本学科では、全ての患者様に適切な言語聴覚療法を提供するために、患者様が抱える様々な課題を理解し、
最善を尽くす医療人を養成します。3年間、学内外の現場実習を通じて臨床家として
必要な他者を思いやる気持ちを身に付けます。また、患者様をはじめ社会に
リハビリテーションスタッフとして信頼される医療人になるために、協働の学びを通し他職種連携など、
実践的な授業で高い臨床力を身につけます。

  • 学科の特徴
  • 言語聴覚士の
    仕事
  • 卒業生・
    在校生の声

POINT01

入学してからすぐに学内実習を実施。

独自の「臨床教育」で思考力・考察力・臨床力を養う

独自の「臨床教育」で

思考力・考察力・臨床力を養う

言語聴覚士科の3年間

1年次4月から始まる科目横断型の「学内臨床教育」で
どこよりも充実した経験を積める!

学内の「セラピールーム」で、実際の患者様にご協力を頂きながら実習を行います。
学内実習では、このセラピールームの利用者様のご協力のもと、病院・施設で行われる評価実習までの1年半で、
見学・検査・訓練等、実習に必要なたくさんの経験を積むことができます。
ほかの学校よりも多く患者様と触れ合う機会や言語訓練を行う機会があるので、
座学で学ぶ様々な教科を体系的に身につけていくことができます。

科目横断型の学内臨床実習

  • 見学実習・ディベート授業
    (小児・成人セラピー)

    学校近隣にお住まいの利用者様のセラピーの見学実習からスタートし、授業の後半では検査・評価を学生も担当します。セラピーは言語聴覚士である専任職員・講師が担当し、その様子をライブ配信して学生は教室から見学をします。見学時は解説も同時実施し、評価・臨床実習に近い形で学びを深めることができます。

  • セラピールームで
    教員が地域の利用者さまに
    言語聴覚療法(検査・訓練)を実施

  • リアルタイム配信

  • セラピールームの様子を
    リアルタイムで教員が解説
    利用者様の反応から問題点を考察します。

約1年半にわたる授業だから、自分自身の成長はもちろん、利用者様の変化や改善していく様子もみることができるのも嬉しいです。

  • グループでの検査実習

    実際の利用者様の前で少人数グループでの検査実習を行います。事前に利用者様のカルテ情報の理解や検査練習、コミュニケーションツールを準備し本番に望みます。何度も経験していきながら考察力をしっかり養います。

  • 検査・訓練実習

    少人数グループでの検査実習の後、さらに複数の検査・訓練実習を実施。臨床実習先で使用する検査や想定される患者様に対する訓練プログラムの立案方法を学びます。実践的な学習をしていくことで臨床力を養います。

POINT02

小児・成人・聴覚領域 etc.

幅広い言語聴覚療法に関われる豊富な学びと臨床現場

幅広い言語聴覚療法に関われる

豊富な学びと臨床現場

病院、ろう学校、保育園、補聴器メーカーや食品会社など、言語聴覚士科では様々な企業・業界と連携した授業があります。
それは、1,100人を超える卒業生と27年の歴史があり、業界から信頼のある言語聴覚士科だからこそ学べるものです。各業界・企業から講師を招き、授業の中で最新の補聴器や嚥下食に触れて、最先端のものを学ぶことができます。
臨床現場の”今”をリアルタイムで学ぶことにより実践力を養います。

東京医薬 言語聴覚士科だけの
特別実習・特別授業

現役の言語聴覚士はもちろん、地域の医師、特別支援学校、補聴器メーカーや嚥下食メーカーなど、
東京医薬の学生たちは他の学校にはない提携先との特別授業を受けることができます!

特別授業・実習の紹介(例)

  • 拡大代替コミュニケーション

    国立特別支援教育総合研究所 主任研究員
    青木 高光先生

    青木先生が作成されたAACアプリのDrops・Drop Talkについての御講義をしていただきました。具体例を多く挙げながら、教育現場における教材の作成についてもお話ししていただき、臨床実習を控えている2年生にとって、これからすぐに役立てていけるとても興味深い内容でした。

  • 摂食嚥下機能障害

    さくら歯科口腔外科クリニック 院長
    川本 幸寛先生

    STによる訓練・指導を積極的に実施している歯科医院です。嚥下障害について川本先生が大切にしている考え方や臨床の様子をお伺いすることができ、普段歯科医院の臨床現場に触れることのない学生にとって大変貴重な機会となりました。当校の卒業生である岡田STからは歯科医で働く言語聴覚士の仕事内容について御講義を受け、将来についても考えるきっかけになりました。

  • 回復期のリハビリテーション

    江東リハビリテーション病院 言語聴覚士
    三原 啓正先生

    成人領域での言語聴覚療法についてご講義をいただきました。日常生活に帰っていくためにどのような支援が言語聴覚士に求められているのか、多彩な写真や資料をご提示いただき、現場で求められている言語聴覚士像をイメージすることができました。

主な連携先・実習先

【病院】

医療法人社団愛友会/上尾甦生病院/医療法人社団愛友会 三郷中央総合病院/医療法人IMSグループ(板橋中央総合病院グループ)/IMSグループ 埼玉みさと総合リハビリテーション病院/新戸塚病院/日本大学医学部付属練馬光が丘病院/東京歯科大学市川総合病院/獨協医科大学越谷病院/医療法人沖縄徳州会千葉徳州会病院/医療法人沖縄徳州会湘南鎌倉総合病院/医療法人社団協友会横浜なみきリハビリテーション病院/医療法人社団協友会東川口病院/医療法人社団協友会介護老人保健施設リハビリケアかつしか/一般社団法人巨樹の会蒲田リハビリテーション病院/一般社団法人巨樹の会千葉みなとリハビリテーション病院/一般社団法人巨樹の会八千代リハビリテーション病院/一般社団法人巨樹の会赤羽リハビリテーション病院/一般社団法人巨樹の会原宿リハビリテーション病院/一般社団法人巨樹の会松戸リハビリテーション病院/一般社団法人巨樹の会所沢明生病院/医療法人社団哺育会さがみリハビリテーション病院/医療法人五星会新横浜リハビリテーション病院/医療法人社団葵会千葉・柏リハビリテーション病院/医療法人社団葵会千葉・柏たなか病院/医療法人社団葵会AOI病院 他

  • 【企業・メーカー】

    マルハニチロ株式会社/オーティコン補聴器/ソノヴァジャパン補聴器/JINO補聴器

  • 【ろう学校・保育園】

    日本聾話学校/ライシャワ・クレーマ学園/みんなの遊々保育園/にじのいるか保育園

POINT03

習熟度別・少人数制の国家試験対策を導入

個別フォローや補習授業のサポートで、

国家資格試験合格を目指します

担任・副担任がホームルーム(プロ養成講座)にて学生個々の学習状況を確認し、また、学習に不安を感じる学生たちに対しては、適宜補習授業を実施します。また、実習時期や国家試験直前には習熟度別少人数制の国家試験対策授業を実施。科目授業で習った知識を、口頭試問や質疑応答で学習理解を深めます。

長年のノウハウを詰め込んだ独自の国家試験対策で
国家試験(100%)合格を実現!

国家試験対策プログラム

国家試験対策サポート

  • ご家庭での勉強も、言語聴覚士科の講師がしっかりとサポート

    言語聴覚士科では、国家試験対策として、全授業を横断的に学べるよう2020年度より「ダブル講師授業」「期末補習」そして学園内国家試験対策センターによる「国家試験成績分析」を導入。
    学習成果を客観的に判断できることで、学内ではもちろんのこと、自学習の計画の立案までを教員が中心となり支援をします。

オンラインツールやアプリケーションで自学習も安心!

  • オリジナルアプリ 【コクトレ】

    家庭学習では、ノート作成に時間を費やす学生が多く、問題に触れる時間が少なくなりがちです。
    そこで、言語聴覚士科では、365日24時間、国家試験学習に触れられるオリジナルアプリ【コクトレ】を導入。
    いつでもどこでも、国家試験勉強ができる環境で家庭学習を支援します。 

  • LMS(Microsoft Teams)の導入で
    自宅での繰り返し学習ができる

    言語聴覚士科では「LMS(学習管理システム)」も導入し、学校で受けた授業を動画で繰り返し見ることができます。
    学校の授業で分からなかったことも忘れてしまったことも、自宅でいつでも何度でも、知識が身につくまで繰り返し復習することができます。

資格取得・就職実績

資格取得実績
資格取得実績
目指せる資格
  • 言語聴覚士(厚生労働省)
  • コミュニケーションスキルアップ検定(一般財団法人滋慶教育科学研究所)
就職実績

卒業生の数 1,157

主な就職先

東邦大学医療センター佐倉病院/八千代リハビリテーション病院/千葉・柏リハビリテーション病院/関東脳神経外科病院/帝京大学ちば総合医療センター/博慈会記念総合病院/板橋中央グループ/筑波記念病院/東京慈恵会医科大学付属病院/八潮中央総合病院/湘南鎌倉総合病院/行徳総合病院/東京歯科大学市川総合病院/津田沼中央総合病院/群馬大学医学部附属病院/塩田病院/亀田総合病院/世田谷記念病院/戸田中央医科グループ/板橋中央総合病院/上尾中央医科グループ/杉並リハビリテーション病院/新横浜リハビリテーション病院/森山リハビリテーション病院/川越リハビリテーション病院/伊那中央病院/国分寺病院/静岡リハビリテーション病院 他

1週間の時間割(例)

  MON TUE WED THU FRI
19:10〜10:40 言語聴覚障害概論(成人、小児) 解剖学 コンピュータ 心理学 プロ養成講座
210:50〜12:20 生理学 医学総論 社会学 法学
313:10〜14:40 失語症学 リハビリテーション
医学
言語発達学 生涯発達心理学 言語学
414:50〜16:20 耳鼻咽喉科学 社会保障関係法規 内科学 音声学

どんなところで働くの?どんな仕事をするの?
「言語聴覚士」の魅力を知ろう!

「話す・聞く・食べる」のスペシャリスト!
こどもから高齢者まで、多くの方をサポートします。

皆さんの周りには生まれつきの病気であったり、加齢や事故などの理由によって、言葉を話すことや食べることが不自由な方が多くいます。
こどもから高齢者まで、そうした問題を抱える方一人ひとりに合わせて治療やサポートを行うのが「言語聴覚士」。
障害を抱える方にとって言語聴覚士とは、自分を助けてくれる、人生を豊かにしてくれる大切な存在です。

\どんな人を助けられる?/
  • こども

    • 発達障害 (自閉症スペクトラム、注意欠陥多動性障害、学習障害、言語発達障害など)
    • 吃音
    • 聴覚障害
    • 摂食嚥下障害
  • 成人・高齢者

    • 失語症
    • 高次脳機能障害
    • 認知症
    • 音声障害
    • 摂食下障害
    • 構音障害
\どんな場所で働ける?/
  • 病院·クリニックなど

  • 福祉·介護施設

  • 福祉·介護施設

  • 特別支援学校

高齢化が進む時代だからこそ必要とされる人材。
やりがいを持って働ける、魅力ある職業です。

高齢化が進み、言語聴覚士を含めた介護やリハビリテーション専門職の需要はますます高まっています。
国や社会から、そして患者さまから必要とされる人材として活躍できることは一番の“やりがい”に繋がります。
「誰かの役に立ちたい!」「喜ばれる仕事をしたい!」言語聴覚士はそうした思いを実現できる魅力のある仕事です。

東京医薬の現役講師に聞く!

「言語聴覚士」の魅力とは?
  • このお仕事は、自分の努力や対応により、患者様を笑顔にし、自分が他人の役に立つことを実感できる素晴らしい職業です!

    言語聴覚士科 講師
    五十嵐先生

  • 病気や事故で辛い気持ちを抱える患者様に寄り添い、共に歩んでいく中でかけがえのない経験をたくさんすることができます!

    言語聴覚士科 講師
    小林先生

  • 「ことば」と「こころ(行動)」を学び、そしてそれを実践に活かしていくことができる、言語聴覚士にはそんな魅力があります。

    言語聴覚士科 講師
    矢作先生

3年制でも急がず自分のペースで学べる!
無理のないカリキュラムで資格も就職も実現します。

専門学校は大学と違って詰め込み型の勉強や実習を行うイメージがありますが、東京医薬では3年間でも急がず、無理のないペースで学べるカリキュラムを用意しています。国家試験対策も学生の習熟度別で行うので取りこぼすことなく学習することができます。
臨床家として必要なスキルと学力を3年間でしっかりと身につけることができます。

\大学と専門学校で悩んでいる方へ/

大学よりも東京医薬はココが良い!
  • 学費が安い!

  • 専門的な知識を深く学べる!
    短期間で資格も就職も

    専門学校は大学と異なり教養科目の講義がほとんどないため、入学当時から専門的な知識や技術、実習が多いカリキュラムとなっている点が特徴です。

  • 少人数制だから、
    国家試験対策もきめ細かい
    サポートが受けられて安心!

    少人数制での授業展開のため、先生も学生の個々の状況をしっかりと把握し、学生一人ひとりに寄り添ったサポートを行うことができます。

活躍する卒業生に聞く

「言語聴覚士」の仕事のやりがいとは?
  • 患者さんがご家族と嬉しそうにしている姿を
    見られることがやりがい

    患者さんがご家族とコミュニケーションできるという日常を取り戻し、嬉しそうにされている姿を見られることがこの仕事の一番のやりがいになっています。嚥下障害学で習う嚥下造影検査など、東京医薬では実践に近い環境で学べたため、現場では積極的に意見を発信しています。

    東京勤労者医療会 代々木病院 勤務 佐藤 望さん

言語聴覚士科の先輩たち

  • 医薬の在校生

    実習前後授業が充実してるから
    自信を持って臨床実習に臨めます

    疾患についてしっかりと勉強した上で検査練習を行うので、複雑な検査でもとてもわかりやすいです!また、先生が授業で使ってくれるプリントは要点が凝縮されていて、実習でも大活躍しています。

    言語聴覚士科 在校生 高野 栞さん

  • 医薬の在校生

    フランクにやさしく接してくれる先生が多いから安心です!

    先生たちは勉強のこともしっかり見てくれて、わからないところはわかるまで丁寧に教えてくれます。フランクにやさしく接してくれる先生が多いので、安心して通っています。勉強は、授業動画や資料がウェブ上にアップされていていつでも見ることができるので、うまく活用して進めています。

    言語聴覚士科 在校生 佐藤 利華さん

  • 学科の特徴
  • 言語聴覚士の
    仕事
  • 卒業生・
    在校生の声

OPEN CAMPUS

  • 来校体験型

    OPEN CAMPUS
  • オンライン型

    WEBOPEN CAMPUS
  • TCM Blog
  • インスタグラムで学校生活を公開中