menumenu

学校法人滋慶学園 東京医薬専門学校

Speech-language-hearing Therapist

言語聴覚士科
2年制

(設置申請中)

  • 昼間(土・日・月)
  • 2年制
  • 男・女

2年間、週3日の授業で実践力も身につく!
国家試験合格も希望の就職もしっかりサポート

 本学科では、社会人経験を活かし、修業期間は最短の2年間で臨床現場で言語聴覚士として
活躍できる人材を養成します。
在学期間を通じて、医療人として自らの専門領域について主体的に研鑽を積むとともに、
他職種を理解し、専門領域を超えて問題を探求し、主体的に学び成長し続ける姿勢を身につけます。

  • 学科の特徴
  • 言語聴覚士の
    仕事
  • 卒業生・
    在校生の声

POINT01

週3日×2年間の国家資格対策に特化したカリキュラム

週3日×2年間の国家資格対策に

特化したカリキュラム

効率的な学びで国家試験合格を目指します。

2年間という短期間で基礎・専門科目を修得しなけれなばならない言語聴覚士国家試験。バランスよく学習するためには、苦手科目をいかに早期から対策していけるかが鍵となります。言語聴覚士科2年制では、教員・講師が国家試験前など授業前後の補習を実施。着実に理解を深め国家試験に挑むことが可能です。

言語聴覚士科2年制の2年間

授業は土・日・月(9時〜18時)の週3日
実習は月〜日の中で必要時間数の履修が必要となります。

長年のノウハウを詰め込んだ独自の国家試験対策で
国家試験(100%)合格を実現!

国家試験対策プログラム

国家試験対策サポート

  • ご家庭での勉強も、言語聴覚士科の講師がしっかりとサポート

    言語聴覚士科では、国家試験対策として、全授業を横断的に学べるよう2020年度より「ダブル講師授業」「期末補習」そして学園内国家試験対策センターによる「国家試験成績分析」を導入。
    学習成果を客観的に判断できることで、学内ではもちろんのこと、自学習の計画の立案までを教員が中心となり支援をします。

オンラインツールやアプリケーションで自学習も安心!

  • オリジナルアプリ 【コクトレ】

    家庭学習では、ノート作成に時間を費やす学生が多く、問題に触れる時間が少なくなりがちです。
    そこで、言語聴覚士科では、365日24時間、国家試験学習に触れられるオリジナルアプリ【コクトレ】を導入。
    いつでもどこでも、国家試験勉強ができる環境で家庭学習を支援します。 

  • LMS(Microsoft Teams)の導入で
    自宅での繰り返し学習ができる

    言語聴覚士科では「LMS(学習管理システム)」も導入し、学校で受けた授業を動画で繰り返し見ることができます。
    学校の授業で分からなかったことも忘れてしまったことも、自宅でいつでも何度でも、知識が身につくまで繰り返し復習することができます。

資格取得・就職実績

資格取得実績
資格取得実績
目指せる資格
  • 言語聴覚士(厚生労働省)
就職実績

卒業生の数 284

主な就職先

東邦大学医療センター佐倉病院/八千代リハビリテーション病院/千葉・柏リハビリテーション病院/関東脳神経外科病院/帝京大学ちば総合医療センター/博慈会記念総合病院/板橋中央グループ/筑波記念病院/東京慈恵会医科大学付属病院/八潮中央総合病院/湘南鎌倉総合病院/行徳総合病院/東京歯科大学市川総合病院/津田沼中央総合病院/群馬大学医学部附属病院/塩田病院/亀田総合病院/世田谷記念病院/戸田中央医科グループ/板橋中央総合病院/上尾中央医科グループ/杉並リハビリテーション病院/新横浜リハビリテーション病院/森山リハビリテーション病院/川越リハビリテーション病院/伊那中央病院/国分寺病院/静岡リハビリテーション病院 他

POINT02

週2日は「実践力を養う選択制のゼミ」

言語聴覚士科2年制では、週3日の通常授業とは別に、残りの2日を使って「自分の学びたい」が学ベる自由度の高い授業を用意。
自分のライフスタイルやキャリアプランに合わせ、2年間の学びをカスタマイズすることができます。

ライフスタイルやキャリアプランに合わせて選べる
自由な学び

1週間の時間割(例)

  SAT SUN MON TUE WED THU FRI
19:10〜10:40 リハビリテーション医学 解剖学 高次脳機能障害Ⅰ ライフスタイルに合わせて選べる
自由な時間
210:50〜12:20 失語症Ⅰ 言語聴覚障害
診断学
313:10〜14:40 言語学 嚥下障害Ⅰ
414:50〜16:20 学習認知心理学 言語発達障害学Ⅰ 聴覚心理学
516:30〜18:00 臨床心理学 聴力検査法

私の場合は平日の午前中の時間は空いているので、その時間を興味のある知識や技術の習得に使えるから嬉しいです!

実践ゼミ

実践ゼミでは、授業では学べない現場に出てから役立つ知識の勉強ができます!
「心理カウンセリング」「薬学」「リハビリメイク」など、様々な分野での講座を実施。
2年間の学生生活の中で、好きな学びを深めたい人であれば誰でも参加することができます。

  • PICK
    UP

    心理カウンセリング実践ゼミ

    心理的支援はどうしても言葉に頼りがちです。言葉によらない非言語的支援法もありますが、言語的コミュニケーションが中心となってしまっているのは事実だと思います。本ゼミでは、言語的コミュニケーションが難しい方々に対して、その方々の心を支えるとはどういうことなのか、何が大切になるのかを一緒に考えて行きます。また、直接の支援対象者だけではなく、そのご家族にも寄り添い信頼されるための学びを共有していきます。

そのほかこんなゼミがあります!
  • 薬学実践ゼミ
  • リハビリメイクゼミ
  • 国家試験対策ゼミ
  • 摂食嚥下機能ゼミ

火〜金はライフスタイルに合わせて
自由に使える!

  • 土・日・月

    夜は東京医薬で
    「たのしい」授業!

  • 火〜金

    実践ゼミに参加!

POINT03

特待生制度や在学生奨学金など、

安心して学べるよう学費面でのサポートも充実

安心して学べるよう

学費面でのサポートも充実

キャリアチェンジやキャリアップをしたい方の経済的負担を少しでも軽減できるよう、
学費免除や奨学金制度、教育ローンはもちろん、多様な各種学費サポートを用意しています。

キャリアチェンジ・キャリアアップを応援する
各種学費サポート

  • 最大112万円が
    給付!

    専門実践教育
    訓練
    給付金
    制度
  • 月額ごとの貸与で
    学費&生活面を
    サポート

    奨学金制度
  • 各金融機関の
    教育ローン
    も利用可能です。

    教育ローン

専任のファイナンシャルプランナーが、
あなたの生活やキャリアプランに合わせて最適な学費プランをご提案します。
まずはお気軽にご相談ください。

どんなところで働くの?どんな仕事をするの?
「言語聴覚士」の魅力を知ろう!

「話す・聞く・食べる」のスペシャリスト!
こどもから高齢者まで、多くの方をサポートします。

皆さんの周りには生まれつきの病気であったり、加齢や事故などの理由によって、言葉を話すことや食べることが不自由な方が多くいます。
こどもから高齢者まで、そうした問題を抱える方一人ひとりに合わせて治療やサポートを行うのが「言語聴覚士」。
障害を抱える方にとって言語聴覚士とは、自分を助けてくれる、人生を豊かにしてくれる大切な存在です。

\どんな人を助けられる?/
  • こども

    • 発達障害 (自閉症スペクトラム、注意欠陥多動性障害、学習障害、言語発達障害など)
    • 吃音
    • 聴覚障害
    • 摂食嚥下障害
  • 成人・高齢者

    • 失語症
    • 高次脳機能障害
    • 認知症
    • 音声障害
    • 摂食下障害
    • 構音障害
\どんな場所で働ける?/
  • 病院·クリニックなど

  • 福祉·介護施設

  • 福祉·介護施設

  • 特別支援学校

高齢化が進む時代だからこそ必要とされる人材。
やりがいを持って働ける、魅力ある職業です。

高齢化が進み、言語聴覚士を含めた介護やリハビリテーション専門職の需要はますます高まっています。
国や社会から、そして患者さまから必要とされる人材として活躍できることは一番の“やりがい”に繋がります。
「誰かの役に立ちたい!」「喜ばれる仕事をしたい!」言語聴覚士はそうした思いを実現できる魅力のある仕事です。

東京医薬の現役講師に聞く!

「言語聴覚士」の魅力とは?
  • このお仕事は、自分の努力や対応により、患者様を笑顔にし、自分が他人の役に立つことを実感できる素晴らしい職業です!

    言語聴覚士科 講師
    五十嵐先生

  • 病気や事故で辛い気持ちを抱える患者様に寄り添い、共に歩んでいく中でかけがえのない経験をたくさんすることができます!

    言語聴覚士科 講師
    小林先生

  • 「ことば」と「こころ(行動)」を学び、そしてそれを実践に活かしていくことができる、言語聴覚士にはそんな魅力があります。

    言語聴覚士科 講師
    矢作先生

活躍する卒業生に聞く

「言語聴覚士」の仕事のやりがいとは?
  • 福祉の仕事を通して知った言語障害。
    寄り添う介護から、治す医療へ。

    知的障害者のための就労施設で働くなかで「話すこと」にハンディキャップを持つ利用者様に寄り添って支えるうち「そもそも治せないのかな?」と疑問を持つようになり、医療分野である「言語聴覚士」という仕事に興味を持ちはじめました。言語聴覚士として勤務して、一度も辛いとか、嫌だとか思ったことがないのできっと「天職」なのだと実感しています。再進学でセカンドキャリアにチャレンジをして、本当に良かったです。

    言語聴覚士科2年制 卒業生 高木さん

言語聴覚士科2年制の先輩たち

  • 医薬の在校生

    想像力を持ち、患者様やご家族、同僚など
    一人ひとりに真摯に向き合える言語聴覚士になりたい

    入学前に仕事を退職し、今は学校に通いながら重度身体障害者訪問介護のアルバイトをしています。学校では高次脳機能や聴覚分野など、それぞれの知識や経験が豊富な先生方からの講義を受けられるし、授業で習う知識がアルバイトでの介助シーンで役に立ったり、利用者様のご好意で訪問リハビリの言語療法の実施現場を見学させて頂いたりと、介護現場でのアルバイトと学校の両立は相乗効果が大きいと感じています。

    言語聴覚士科2年制 在校生 長雄さん

  • 活躍する卒業生

    やっと見つけた私の居場所。
    それが言語聴覚士の世界でした。

    現在の仕事である言語聴覚士とは違う理学療法士が目指せる学校に再進学。その在学中の授業で出会ってすぐ夢中になったのが「高次脳機能障害」の世界です。あと1年で卒業見込みでしたが年齢的なことも考えて1年でも早く、より深く高次脳機能障害に関われる「言語聴覚士」として働きたかったので「再々進学」をしました。現在は地域の総合病院の回復期病棟で、夢だった言語聴覚士の正職員として勤務しています。

    言語聴覚士科2年制 卒業生 石井さん

  • 学科の特徴
  • 言語聴覚士の
    仕事
  • 卒業生・
    在校生の声

OPEN CAMPUS

  • 来校体験型

    OPEN CAMPUS
  • オンライン型

    WEBOPEN CAMPUS
  • TCM Blog
  • インスタグラムで学校生活を公開中