学校紹介

成績評価について

成績評価基準

  1. 履修した授業科目の成績評価は、原則として学年末、各学期末に行う定期試験(論文・レポートなど含む)、平素の学習状況(小テスト、中間試験、臨時試験含む)、出席状況の3要素で総合的に勘案して評価します。(学則第3章 第13条)
  2. 成績評価基準、および成績証明書等の成績の表記は、下表のとおりです。

成績評価基準とGP

判定 評価点 成績原簿表記 成績証明書表記 GP 成績評価内容
合格 100~90点 A A 4.00 到達目標を十分に達成し、非常に優れた成果をおさめている
89~80点 B B 3.00 到達目標を十分に達成している
79~70点 C C 2.00 到達目標を達成している
69~60点 D D 1.00 到達目標を最低限達成している
不合格 59点以下 F 表示せず 0 到達目標を達成していない
- E 0 出席不良
合格 - S S -

編入時に単位認定した評価

知識及び技能に係る学修により単位認定した評価

GPAの対象としない

当該授業担当者の定める授業日数を満たしていない場合(原則として10分の7以上の出席が必要)、最終試験を受験したとしても、出席不足という扱いで「E」となることもあります。

GPA制度

  1. GPA制度とは

    GPAとは、「Grade Point Average」の略で、授業科目の成績評価に対して点数(Grade Point)を与え、その点数に各科目の単位数を乗じた合計を、 履修登録した科目の総単位数で割って算出した平均値のことをいいます。

  2. GPA制度導入の目的

    GPAは、学生の成績を数値化し、客観的に把握するためのものです。学修成績全体の状況を把握し、学生の学習意欲の向上及び適切な修学指導に役立たせると共に、海外への留学や就職等、国際的な評価に対応させることを目的としています。

  3. 成績評価とGP

    成績評価 GP 点数 備考
    A 4 100点~90点
    B 3 89点~80点
    C 2 79点~70点
    D 1 69点~60点
    F 0 59点以下
    E 0 欠席
    S - - 対象外とする
    U - - 対象外とする
  4. GPA算出方法

    GPA=(該当授業科目の単位数×各授業科目で得たGP)の合計=①/当該学期に評価を受けた各授業科目単位数の合計=②

    小数点第3位下四捨五入

    分母の総単位数には、不合格科目(評価が「不」、「欠」)の単位数を含む

    算出例
    科目 単位数 成績 GP
    ○○概論 2 95点(A) 4.00 8.00
    ××演習 4 80点(B) 3.00 12.00
    △△研修 2 75点(C) 2.00 4.00
    □□学 2 93点(A) 4.00 8.00
    ●●制作 4 76点(C) 2.00 8.00
    ■■企画 3 63点(D) 1.00 3.00
    ▲▲演習 1 57点(F) 0 0
    合計 ②18単位 - - ①43.00

    GPA = ①/② ⇒ 43.00/18= 2.3888・・・・≒2.39

  5. GPA算出の対象科目

    基礎分野、専門基礎分野、専門分野のうちの試験等による成績評価を行う授業科目であって、各学科において卒業要件に算入できる授業科目とします。ただし、次の各号に該当する授業科目については、GPAからの計算を除くものとします。

    1. 入学前に他の専門学校や大学(短期大学含む)において履修した授業科目、または海外の職業学校や大学(短期大学含む)において履修した授業科目(科目履修生として履修した授業科目を含む)
    2. 本校在学中に他の専門学校や大学(短期大学含む)において履修した授業科目、または海外の職業学校や大学(短期大学含む)において履修した授業科目
    3. 滋慶選択科目
    4. 学則の規定による編入学等に伴い、本校の授業を学修したものと同等以上の学力があると認定された授業科目
    5. 前各号に揚げるもののほか、各校各学科が別に定める授業科目
  6. GPAの通知方法

    GPAの通知は、各学期開始前のガイダンス時に配布する成績表に記載予定です。(成績表記を現在整備中です)

  7. GPAの「総合評価表」

    算出されたGPAは、下表を参照し、目安としてください。

    GPA 総合評価
    3.5~4.0 大変優秀な成績です。
    3.2~3.4 優秀な成績です。
    1.6~3.1 平均的な成績です。
    1.0~1.5 努力を要する成績です。
    0~0.9 より一層努力を要する成績です。

卒業について

卒業に関する方針について

本校は、教育課程の定めるところにより、各学年に終了すべき学科目について試験・成績評価を行い、合格者に対して当該科目の終了を認定しています。ただし、実習については、実習の成績評価によって修了を認定しています。各科目の出席授業が規程の10分の7に満たない者については、当該科目の履修の認定は認められません。
所定の課程を修了した者には、卒業証書を授与されます。また、以下の学科の課程を修了した者には、専門士の称号が付与されます。

昼間部
  • くすり総合学科
  • 医療秘書科
  • 化粧品総合学科
  • 言語聴覚士科
  • 視能訓練士科
  • 臨床工学技士科
  • 救急救命士科
  • 歯科衛生士科Ⅰ部
夜間部
  • 言語聴覚士科2年制
  • 歯科衛生士科Ⅱ部

認定は、卒業進級判定会議を実施し、学校長の許可の下、卒業認定を行っています。

(学則 第4章 第23条・第24条・第25条)