フリーターのままの将来が不安で 「手に職」を考え、医療の道へ

医療法人社団明芳会 新葛飾病院臨床工学技士/ 徳屋 翔平さん

臨床工学技士科(3年制)2016年3月卒

大卒で就職した友人と 自分との差に焦った

フリーターだったんですが、大学を卒業した友人たちが就職しだすと、
自分の将来に焦りを感じ、「手に職」を考えました。
ちょうどそのとき病院でアルバイトしていたこともあり、興味を持ったのが医療職。
なかでも機械の側面から患者さんを支える臨床工学技士にカッコよさを感じ、再進学して転身しました。

技士として実績を積み いずれは後輩を育てていきたい

今は緊急対応が必要な急性期の病棟で、人工透析を担当しています。
誰一人同じ病状の方はいなくて、スピーディな対応が必要です。
透析は三大業務の一つ。まずはこの技術を磨き、徐々に残りの呼吸器、人工心肺へと業務の幅を広げようと思います。
将来は実務経験を活かして後輩の指導をしていくことも目標です。