入学案内

歯科衛生士科Ⅱ部
歯科助手特待生試験

この特待生試験は、歯科医療に携わっているスタッフ向けの試験です。
勤務歯科医院での日頃の業務で培った知識、技術を活かし、選考により学費納入の一部を免除します。
これまでの経験を基に、歯科助手から歯科衛生士へのキャリアアップを目指すためにも、ぜひご活用ください。

出願資格

現在歯科助手として歯科医院・診療所に勤務されている方

試験内容

実技試験

以下の5種類の術式のうち、指示された術式1種類について必要な器具セッティングを行っていただきます。

根管充填
クラウン印象(歯肉圧排、アルジネート印象)
FCK合着
コンポジットレジン充填(Ⅲ級)
残根抜歯(出血が止まらない状況)

筆記試験

以下の5種類の治療時に用いる器具のうち、図に示した器具1種類の、名前と用途を答えていただきます。

FCK合着時に使用する器具の中から1つ
感染根管治療時に使用する器具の中から1つ
義歯作成時に使用する器具の中から1つ
精密印象時に使用する器具の中から1つ
小窩裂填塞時に使用する器具の中から1つ

選考日

開催日

9月3日(日)
10月1日(日)
11月12日(日)
12月17日(日)

※詳しい時間などは「申込書」提出後、入学事務局よりご連絡させていただきます。

学費納入金の一部免除について

実技試験と第記試験の合計点数から良い成績を修めた方に対し、「入学手続きⅡ」の納入額より50,000円免除します。

歯科助手特待生試験を受験する場合、実技特待生・筆記特待生試験は受験できません。(特待生講座は受講可)
試験内容についての問い合わせは受け付けません。
試験後の点数・合格者の公表は一切行いません。